コミュニケーション工房
コミュニケーションツール開発・販売 オンラインでもリアルでも ワークショップ企画・実施

みんなでドラマを作ろう

アフレコ 開発ストーリー

ツナグヒラクとしてはシャベロク,シャベリエというコミュニケーションツールを開発し販売しています。一方でもう少しゲームとして楽しめるものもあった方が、たくさんの人に使ってもらえるのではないかと思い、ツナグヒラクらしいコミュニケーションゲームを作ることになりました。せっかくなので、どのような過程を経て一つのゲームが出来上がっていくのかをこちらに書いていこうと思います。

ブレーンストーミング~試作

まず、ツナグヒラクらしいゲームについてブレーンストーミングをしてみました。 自己紹介やアイスブレイクにも使える。人となりが現れる。ロジカルでないゲーム。シンプルで汎用性がある。ルールがわからなくてもなんとなく始められる。親密度の差があるときによいゲーム。日常の場面。絵のカードを使う。などなど、いろいろ出ましたが、ここで注目したのが「ポーズ」というキーワード。情景の絵を見てそこから連想したことを話してもらうということは、シャベリエですでに行っていますし、他にもそういうカードやゲームはあります。そこに人物のポーズも加えることで行為の具体性が増すのでは、という発想です。

早速試作をして試してみました。まずは自己紹介などでの使い方。情景とポーズのカードを1枚ずつの組み合わせて、お題に答えるというものです。お題は「最近あったちょっといいこと」や「とっておきの失敗談」などの過去系と「休みの日にやりたいこと」「死ぬまでに一度はやっておきたいこと」などの未来系。やってみると確かに情景だけよりその人の具体的な行動がイメージされる気がしました。ただ、未来系ではその効果も少ないようです。

次にストーリーテリング系ゲームとして試してみました。情景カードとポーズカードを1枚ずつ開いて物語をつないでいきます。情景が毎回変わるとシーンチェンジが多すぎてポーズの変化による展開が活きてこないようです。そこで1枚の情景カードにポーズカード3枚ずつをつないでいくように変更。この方がドラマっぽくなるようです。やってみると登場人物のセリフが自然と出てくる感じで、ストーリーを作るというよりドラマを作っている感覚です。

使い方が見えてきたので、ポーズのバリエーションとしてどんなものがあったほうが良いかもブレストしました。

ゲームデザイン~実験

ここからは試作、実験、設計変更をひたすら繰り返します。ツナグヒラクは夫婦ユニットなので、こういう実験が自宅で簡単にできるのは便利なところ。 まずはターン毎に全プレーヤーが手札からポーズカードを1枚ずつ出して、全員で投票してポーズを決め、カードを出した人がそれに合わせたセリフを言うというもの。ポーズカードを早く使い切った人が勝ち。 ターン毎には、敢えてセリフを言わずに進めてしまい、後から種明かし的にセリフをつけていくパターンも試しました。いちいち考えないので流れはスムーズで、話も作りやすいですが、思い切った展開は難しい。 各ターンの投票で勝者が決まる方法では、勝ってる人に投票しないようになるなど、つまらない戦略が入る可能性がある。そもそも、進行のテンポ感も悪くなることから、各ターン毎の投票は廃止して、単純に順番に出していくことに。勝敗が重要なゲームでもないので、最後に誰のどれが面白かったかを振り返るくらいに割り切りました。

場面カードも沢山あった方が話の展開も広がるが、カードの数が増えるとコストが上がってしまいます。また、情景の絵だと「どこで」だけだけど、「いつ」や「だれが」のどもあった方が広がるのではないか。そこで、思い切って情景の絵をやめて、ナレーション風に場面を描写する言葉を、1枚のカードに複数書いて、そのなかから選ぶように変更しました。体だけの一人芝居風になって、これはこれで言葉と身体表現に集中できて良いようです。 ナレーションに続けて身体的演技にセリフをあててドラマを作るという世界観から、名前を「アフレコ」にしました。また、今後はポーズカードをアクションカードと呼ぶことにしました。 複数の人物が登場すると、それぞれの人物の続きが分かりにくくなります。また、登場人物には名前がないと気持ちが入りにくいようです。そこで名前のチップを用意して、ポーズカードを出したら、その上に名前チップを移動していくようにしました。

つづく(次回更新は12月初旬を予定しています)