シャベリエのバナー画像

シャベリエ家族編 おすすめの遊び方

自己紹介、アイスブレイク、思い出ばなし、使い方は自由自在。いろいろな絵からどんどん広がるイメージで初対面の人とも気軽に話せるツールです。家族編では 、将来の家族について考える、楽しい家族のストーリーを想像する、家族にまつわるいろんなことが連想できる絵のカードが40枚入っています。連想するイメージをふくらませたり、想い出を語ったり、おしゃべりを楽しんでください。遊び方は自由ですが、おすすめの遊び方をご紹介します。製品に同梱している説明書と同じ内容にプラスして、新しい遊び方もご紹介します。

[New!] 絵しりとり

しりとりのイラスト

オモテを上に全てのカードを広げます。 最初の言葉を決めてゲームスタートです。

しりとりの要領で前の言葉の最後の文字から始まる次の言葉を絵の中から探し、 見つかった人はそのカードを取って、見つけた言葉を言う、を繰り返します。

絵の中から探すことができる言葉は、描かれているもの、色、形、その絵から想像できるものやこと、その絵の雰囲気を表す言葉(例:ほっこり)など、なんでもOKです。

カルタのように誰が何枚取れるかを競ってもいいのですが、 3分間で全員で何枚取れるかにチャレンジする協力ゲームにすると、軽いチームビルディングとしてもおすすめです。

[オンライン可] ここで問題です

ここで問題ですのイラスト

カードを持っている人は、状況を想像させるような絵を1枚選んで、みんなに見せます。

手番の人は絵の中の気になるところを問題として出題します。

他の人は絵に描かれている状況を妄想して、問題に答えます。

手番の人は一番グッと来た回答を選びます。 選ばれた人は1点もらえます。

手番を変えて繰返し、たくさん得点した人の勝ちです。

そこでひとこと

そこでひとことのイラスト

オモテを上に全てのカードを広げます。

手番の人は1枚を心の中で選んで、その絵の中から聞こえてきそうなセリフをひとこと言います。 他の人は、この絵のセリフだと思うカードを、カルタの要領でとります。 1回の手番で取れるカードは1人1枚です。

手番の人はあっているかどうかを言います。 あっていればカードは取った人がもらいます。

カードをたくさん取った人の勝ちです。

[オンライン可] ツアコン

ツアコンのイラスト

みなさんは、ツアーコンダクターです。 3枚のカードで、ツアーを組み立ててください。

カードを持っている人が、1枚ずつカードをみんなに見せます。 欲しいカードがあったら、手を挙げて、早いもの勝ちでゲットします。

オンラインでは、カードを持っている人が、だれがどのカードをゲットしたかわかるように置いておきます。 ゲットした人は自分のカードをおぼえておいてください。

3枚ゲットしたら、カードを見せながらツアーを発表してください。 全員のツアーが出揃ったら、どのツアーに参加したいかを投票し、 もっとも票を集めたツアーコンダクターの勝ちです。

[オンライン可] あなたにプレゼント

あなたにプレゼントのイラスト

参加者の関係性がちょっとだけ和む、軽いアイスブレイクとしていかがでしょうか。

カードをランダムに5枚ひいてみんなに見せます。 最初の人はその中から1枚を選んで、言葉を添えて他の誰かにプレゼントします。

1枚補充して、再び5枚の中から、 今プレゼントされた人が1枚選んで次の誰かにプレゼントします。 これを、全員がプレゼントされるまで繰り返します。

オンラインの場合はクリアフォルダに入れると、5枚一緒にカメラに見せやすいでしょう。 カードは渡せませんが、言葉と気持ちをプレゼントしましょう。

[オンライン可] 気になったのは?

気になったのは?のイラスト

カードをランダムに3枚をひいてみんなに見せます。 手番の人はその中から一番気になる1枚を心の中で選びます。

他の人はどのカードが選ばれたのかを推理します。 わかった人は挙手して、手番の人が指名します。

指名された人はカードと理由を答えます。 手番の人はあたりかどうかを言い、はずれていたら、まだ答えていない人の中から挙手を募り、同様に進めます。

誰かがあたるまで、あるいは候補が最後の1枚になるまで、これを繰り返します。 あたった人は1点もらって、手番が次の人に移ります。

最後に点数の多かった人が勝ちです。

[オンライン可] みんなで五七五

みんなで五七五のイラスト

カードを1枚めくってみんなに見せます。 手番の人が、その絵から思いつく5文字のフレーズを言います。

次のカードをめくってみんなに見せます。 その絵から思いつく、前の5文字につながる7文字を、最初に思いついた人が答えます。 同様に次のカードで5文字を答えます。

こうして出来た5,7,5のフレーズを並べて、最初の勝ち残りフレーズとします。 紙を用意してカードをクリップで止めて、その下にフレーズを書き込むとわかりやすいでしょう。

次の手番の人から同様に5,7,5のフレーズを作ります。 前の勝ち残りフレーズと比べて、みんなでどちらが良いかを話し合い、新しい勝ち残りフレーズを決めます。 これを続けて、最後に勝ち残ったフレーズをみんなで讃えましょう。

[オンライン可] あと何がある?

あと何がある?のイラスト

カードを1枚めくってみんなに見せます。

そのカードに足りないもの(描かれていないけど描かれていてもよさそうなもの)を1つ考えて各自メモします。

せーのでメモを見せて、自分と同じ答えがあれば、その数だけ点数をもらえます。

見えました!シャベリエ占い

見えました!シャベリエ占いのイラスト

カードを5枚ずつ配り、順番に相談者になり、他の人は占い師になります。

相談者は占ってほしいことを言い、思いついた占い師から、手札の1枚を使って「見えました!」に続いて占いを語ります。

相談者が一番参考にしたいと決めた占い師が1点獲得し、最後に得点が一番多い人の勝ちです。

未来の家族のエピソード

未来の家族のエピソードのイラスト

オモテを上に全てのカードを広げます。

カードの絵から、自分が作る未来の家族や今の家族の未来に起こったらいいなと思う来事やエピソードを連想してください。

エピソードが連想できるカードが見つかった人からそのカードを手に取ってください。

全員が1枚ずつ手に取ったら、ひとりずつ順番にエピソードを話してください。

※自己紹介やアイスブレイクにお使いください。

家族のちょっといい話

家族のちょっといい話のイラスト

カードを同数ずつなるべく多く全員に配り、それぞれ手元に並べます。

手元のカードを2枚以上使って家族のちょっといい話のストーリーを考えてください。

順番は特に決めず、ストーリーを思いつ いた人からカードを場に出しながら家族のちょっといい話を語ってください。

早く手元のカードがなくなった人が勝ちです。

2コマの家族像

2コマの家族像のイラスト

全てのカードを伏せて場に広げます。

順番を決めて、自分の手番になったら2枚のカードを選んでオモテに返します。

2枚1組の絵にひとつのタイトルをつけて、みんなにそれを言います。

他の人が全員タイトルに納得したら開いた2枚を手元に取ります。

タイトルが思い浮かばずパスしたり、思い浮かんだタイトルに他の誰かが納得できなかったら、開いた2枚を裏返して次の人の手番になります。

手元に取ったカードが一番多い人の勝ちです。

家族のマルチストーリー

家族のマルチストーリーのイラスト

カードを1枚オモテを上にして場に置きます。

他のカードを同数ずつなるべく多く全員に配り、それぞれ手元に並べます。

手元のカードを1枚ずつ場のカードにつなぎながら、そこから連想されるストーリーを作っていきます。

順番は特に決めず、ストーリーを思いついたら手元のカード1枚を場に置きます。場のどのカードでも良いので、その上下左右のどこかに接するように置きます。この時、手元のカードを新しくつなぐことでそれまでのストーリーの続きを語ってください。

一番早く手元のカードがなくなった人の勝ちです。

お問い合わせフォーム

お名前
メールアドレス
(再度入力)
問合せ内容

個人情報の取扱いについて

ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応および確認のためのみに利用します。 また、この目的のためにお問い合わせの記録を残すことがあります。

シャベリエのバナー画像